既に時期を逸してしまいましたが、3月は女性の節句「ひな祭り」がありましたね。皆さんのご家庭でもお祝いをなさいましたか?
今回はそんなひな祭りの際にいただく、日本の伝統菓子と御料理について知ってください。

 

春の到来を待ちわびていたかのように行われる雛祭り。3月3日になると、雛人形を飾って女の子の成長を祝うお祭りの日です。
「桃の節句」とも呼ばれるこの行事は、中国から伝わった上巳(じょうし)の節句ですが、人形(ひとがた)を自分の身代わりとして、海や川に流すという風習が残っている地域もあります。
これに加えて、平安時代に行われていた「曲水の宴」という行事、貴族の娘たちの人形遊びの「雛遊び」伝承を背景として現在のひな祭りになってきたと言われています。

 

ひな祭りには、おいしいお菓子がたくさんあります。

 

 

●菱餅
菱形の餅を下から緑、白、赤、の順に重ねたもの。赤は魔よけ、白は清浄、緑は邪気を祓う力があるといわれています。
白に菱の実を加えたり、黄色を加えて五段、七段にする地方もあります。
雛祭りの雛壇を飾るようになったのは江戸時代からとされています。

 

●草もち
ひな祭りは「草餅の節句」とも言われているように草餅は欠かせないものです。
蓬は昔から薬草として知られ、邪気をはらう魔除けの効果があると考えられていました。
●雛あられ
豆や餅を細かく切ったものを揚げるか炒るかして、砂糖で甘くします。彩を美しくすると子供たちが喜びます。

 

ひな祭りの楽しみはお菓子だけでなく、おいしいお料理もあります。

 

 

●ちらしずし
山の幸、海の幸で美しい彩のちらし寿司は、地域や家庭によって伝統的な献立になっているようです。
薄焼き卵に好みの具を入れて雛人形を模した物を作ってみるのも楽しいですね(少々いびつになっても、おいしいでしょう)。
又、貝類が多く使われることも特徴です。ひな祭りのお吸い物に蛤(はまぐり)を使い、夫婦和合の願いをこめていました。
蛤は綺麗な海に棲むことから、純潔を表しているともいわれています。

 

●白酒
白酒に桃の花を浮かばせた「桃の酒」を飲んで邪気を祓う風習がありました。
桃が沢山の実をつけることから、強い生命力があるとされています。

 

私の故郷は山形県の日本海側にある鶴岡市です。作家の藤澤周平さんと同じですが、そこでは城下町独特のおいしい和菓子が沢山あります。
子供の頃、お雛様を飾り終えると、雛菓子を一対果物と一緒にひな壇にお供えします。「早く食べたいなあ」とそればかり見ていた子供の頃が懐かしい想い出です。

 

和菓子 ~ 椿餅

2012年2月27日 15:01

まだまだ寒い日が続いておりますが、窓の外を見ると、こんな寒さの中でも凛と咲いている美しい椿を目にします。
そんな椿にちなんだこの時期の季節菓子として、和菓子屋さんの店頭には椿の葉に挟まれたお餅「椿餅」が並びます。

 

この椿餅、実はとても歴史のある、京の伝統の味なんです。(※和文化コラム「和菓子の日」でも紹介しました。)

 

 

平安時代に紫式部によって書かれた、「源氏物語・若菜上」の中で、若い人達が蹴鞠のあとの饗宴で食した軽食「つばいもちひ」として登場し、日本最古の餅菓子とも言われ梨・柑橘類と一緒に食されています。
見た目は「道明寺」に似ていて道明寺の起源とも言われていていますが、桜餅や道明寺とは違って、椿の葉っぱは食べません。
今では白やピンクの餡子入りのお餅を2枚の椿の葉っぱで挟んだ、可愛らしい餅菓子ですが、平安時代は香りもなく、ただ椿の葉っぱに挟まれた素朴な餅菓子だったようです。

 

 

この時期のお菓子と言ったら・・・バレンタインの影響でチョコレートと思いがちですが、日本伝統のお菓子にもこの時期のものがあるのです。

 

是非、伝統の味・椿餅をいただきながら、光源氏のいた平安時代へ思いはせ、雅な気持ちにひたってみてはいかがでしょうか・・・

和菓子 ~ 花びら餅

2012年1月27日 17:25

今回は新年のお菓子、春らしい、かわいらしい名前を持った「花びら餅」のお話です。
「花びら餅」はごぼうと白味噌餡とピンク色のお餅を、白い餅または求肥で包んだお菓子です。
「お菓子にごぼう!?」と現代の私たちには疑問に思えます。そもそものどうしてこんなお菓子ができたのでしょうか?

 

 

「花びら餅」が歴史に初めて登場するのは、平安時代の宮中です。
新年の行事、餅を噛む「歯固めの儀式」を簡略化したおせち料理のひとつでした。
「歯固めの儀式」では長寿を願い、餅の上に赤い菱餅を敷き、その上に猪肉や大根、鮎の塩付け、瓜などをのせて食べていました。
それが、だんだん簡略化され、餅の中に食品を包んだもの(宮中雑煮とよばれた)になり、さらにはごぼうが鮎を表し、餅と味噌餡でお雑煮の意味を持ったものとなったのです。

 

 

「花びら餅」が一般に広まったのは明治時代です。
茶道の裏千家家元が初釜の時に使うことを許され、新年のお菓子として食べられるようになりました。
宮中では今も和菓子というより「おせち料理」として作られているそうです。

この時期ならではの伝統和菓子「花びら餅」を、みなさんも召し上がってみてはいかがでしょうか?

 

和菓子 ~ 柚子菓子

2011年12月27日 17:28

12月の行事といえば、クリスマス!!という方も多いと思いますが、クリスマスの前には「冬至」があります。
冬至は1年で最も日が短く、夜が最も長くなる日です。今年の冬至は12月22日です。
昔は「死に一番近い日」と言われ、その厄を払う為に体を温め、無病息災を祈っていました。
「冬至かぼちゃを食べて、柚子湯に入る」みなさんもやったことがあるのではないでしょうか?

 

 

さて、冬至にまつわる和菓子といえば主に柚子を使ったものが上げられます。
柚子羊羹や柚子饅頭、柚子餅等々(かぼちゃの和菓子はあまりみられませんね。ハロウィンになってしまうからでしょうか?(笑))

柚子に含まれる芳香成分には新陳代謝を活発にし、血管を拡張させて血行が促進する作用があります。
また、鎮痛・殺菌作用もあるので、体が温まり、カゼ対策にもってこいといわれています。
さらには、柚子にも含まれるビタミンCは美肌効果もあるのです。まさに良いこと尽くしですね。

 

 

ちなみに、なぜ「柚子」かというと「融通が利きますように」と懐事情への願いもこめられているとか・・・。
そして「冬至」(とうじ)と「湯治」(とうじ)をかけて生まれたのが、柚子湯のようです。

冬至には柚子湯に、かぼちゃそして、柚子の和菓子を食べて、カゼをひかないように楽しい冬を過ごしましょう。

11月は七五三ですね。
神社やお寺で子供の成長を感謝し、又、成長を祈る伝統的な行事です。
*詳しくは、和文化コラム「和・四季~七五三」を見て下さい

可愛らしい晴れ着姿の手に、千歳飴の袋を大事そうに持っている姿は、何とも微笑ましいですね。

ところで、なぜ【千歳飴】なんでしょうか???

 

 

千歳飴は、江戸時代に浅草で販売されたのが始まりと言われています。当初は「千年飴」「寿命糖」と呼ばれていました。
特徴的な細長い形状は、その飴のように細く長く生きてほしいという願いからです。
又、千歳・・・1000歳と書くことも、長生きして欲しいという願いを名前に託しているのです。
医療の発達していなかった昔は子供の生存率が今のように高くなく、幼少のうちに亡くなってしまうことも少なくありませんでした。そこで、無事に7歳まで生きられた事を感謝し、お参りをしたのが七五三なのです。
縁起のよい紅白の飴で、化粧袋も鶴と亀や松竹梅などの縁起の良い絵が描かれています。

千歳飴には、親が子供を思う気持ちが込められているのです。

神社やお寺に七五三詣でをすると千歳飴が頂ける所が多くあるそうです。飴を割って家族で食べるのもいいですね。

和菓子 ~ 和菓子の歴史

2011年10月27日 17:33

 

「菓子」は古くは「果子」とも書かれ、木の実や果物を意味していました。
今、私たちが菓子という言葉から思い浮かべる菓子の原形は、餅(もち)や団子(だんご)です。
その後、茶道文化の発展とともに、和菓子も目覚しい発展を遂げました。
そして、長い年月を経て現在の和菓子の形に辿り着いたのは江戸時代とされています。

 

饅頭(まんじゅう)と羊羹(ようかん)
鎌倉・室町時代に中国から「点心」(当時1日2食だった食事の間に少量食べられる菓子や間食、軽食のこと)がもたらされましたが、饅頭と羊羹はその点心の代表的な菓子でした。
饅頭は蒸し菓子の代表格で、古くから日本人に親しまれ、羊羹は小豆を主体とした餡を寒天で固めた和菓子で、もともとは中国の料理(羊の肉のお吸い物)だったとされています。

 

上菓子(じょうがし)別名:京菓子
和菓子は江戸・元禄時代に京都で大成し、その当時高価だった白砂糖を使った高級菓子ということで、上菓子又は京菓子と呼ばれ、宮中や公家、寺社、茶家に納められたり、特別なお祝いのためにあつらえられたりしました。
その製法は職人によって千差万別で、微妙な違いがそれぞれの個性になっていました。
その後、上菓子は幕府の所在地である江戸に伝わり、幕府や大名・旗本は行事や贈答、茶の湯や饗宴で大量の上菓子を消費し、さらに参勤交代制によって各地の城下町に広まっていったのです。

 

江戸の菓子
江戸時代後期には、安価で庶民的な大福などの「餅菓子」、「みたらし団子(だんご)」、米粉を原料にした「米饅頭」、桜の名所・隅田川堤で生れた「桜餅」、そのほか「金鍔(きんつば)」などが生れました。

 

今でも広く人気の高いこれらの和菓子は江戸時代から続いているのです。

 

和菓子 ~ 月見団子

2011年9月27日 17:36

日本の9月には「お月見」という、ロマンチックな行事があります。
その「お月見」に無くては始まらないのが「月見団子」です。

 

まずは「お月見」って正しくはいつなのでしょう?….
十五夜というのは旧暦の8月15日、十三夜は旧暦9月13日です。
十五夜は「中秋」とも言い、その美しい月を「中秋の名月」と呼んだりもします。これからの収穫が豊かであることを祈って15個のお団子をお供えします。
十三夜は「栗名月」とも呼びます。五穀豊饒に感謝し、収穫物である米で作った13個のお団子を供えます。

 

 

団子そのものは、縄文時代からあるそうですが、お月見の日にお供えするようになったのは、江戸時代から。
関東では丸型、関西では里芋の形だったそうです。今でも地域によって形はさまざまです。
「お月見」では月見団子と共にススキと月見草をお供えします。

 

さて、お月見のお団子の他にも、団子には色々な種類があります。
花見のシーズンには、ピンク、白、緑の【花見団子】。よもぎの入った【草団子】、それを笹で包んだ【笹団子】。串に刺した【みたらし団子・醤油団子・あん団子】、など様々なバリエーションの団子があります。

 

ちなみに、串だんごは東京は4個、京都は5個の団子が刺さっているのがスタンダードとのことです。食べることがあったら、気にして見てください!

和菓子 ~ かき氷

2011年7月27日 17:38

いよいよ7月。日差しが眩しく、お店の軒先には「冷やし中華はじめました」の貼紙と「氷」の旗がゆらゆら揺れる季節になりました。
この「氷」の旗、じっくり見てみたことはありますか?
赤字で書かれた氷の文字はもちろん皆さん気がつくことでしょう。では、その周りには何が描かれているでしょう?
氷の文字の下には、海=波が描かれています。そして、波の上には日本古来より波と対で描かれることが多い「千鳥」が飛んでいます。この「波に千鳥」という組み合わせの文様は、涼感を誘うとして夏の着物や浴衣に良く使われます。きっと、この“涼感を誘う”というところから氷旗にも使われるようになったのでしょう。

 

 

では、かき氷はいつ頃から食べられるようになったのでしょうか?
遡ってみると、平安時代の書物「枕草子」や「源氏物語」にはすでにかき氷の元祖と思われる物が登場しますが、貴族達だけの贅沢な楽しみだったようです。
また江戸時代には、加賀藩が徳川将軍に当時はとても貴重だった「氷」を献上する為、冬にできた氷を“氷室(ひむろ)”に貯えておき、5月末に普通なら10日かかるところを人足を交代しながら5日間で運んだといわれています。
しかしこんなに苦労して運んだ氷ですが、将軍のもとに届く頃には小さくなってしまい、その上あまり衛生的ではなかったので食用よりは体にあてて涼をとることに使用したり、臣下に分け与えてしまっていたなどといわれています。もちろん、江戸の庶民は口にすることなどほとんどありませんでした。

 

 

明治時代に、やっと氷を人工的に作り出す技術が確立し、またそれを輸送する技術も普及したお陰で、広く一般的に氷が普及しました。
更に冷凍・冷蔵庫が発明されて家庭でも氷が作れるようになりました。
こうして、現在では家庭でも簡単にかき氷を作ることができるようになったのです。

 

今では、甘味処やお祭りなどで様々な味・トッピングのかき氷を美味しくいただくことが出来ます。
また、地方の名物として有名な“白くま”や“雪くま”“赤福氷”などもあります。どれも、おいしそうなものばかり♪
今年の夏は、全国かき氷を食べつくす旅に出てみては??

 

ちなみに、かき氷は別名「夏氷(なつごおり)」と言いうそうで、その語呂合せ(7=な,2=つ,5=ご)から7月25日はかき氷の日だそうです。

和菓子 ~ 和菓子の日

2011年6月27日 17:41

では、かき氷はいつ頃から食べられるようになったのでしょうか?
遡ってみると、平安時代の書物「枕草子」や「源氏物語」にはすでにかき氷の元祖と思われる物が登場しますが、貴族達だけの贅沢な楽しみだったようです。
また江戸時代には、加賀藩が徳川将軍に当時はとても貴重だった「氷」を献上する為、冬にできた氷を“氷室(ひむろ)”に貯えておき、5月末に普通なら10日かかるところを人足を交代しながら5日間で運んだといわれています。
しかしこんなに苦労して運んだ氷ですが、将軍のもとに届く頃には小さくなってしまい、その上あまり衛生的ではなかったので食用よりは体にあてて涼をとることに使用したり、臣下に分け与えてしまっていたなどといわれています。もちろん、江戸の庶民は口にすることなどほとんどありませんでした。

 

さて、初夏を感じさせる和菓子に【若鮎(わかあゆ)】という和菓子があります。今のこの季節にしか店頭に並びません。
もちろん中にアユが入っているわけではなく、形がアユの形をしているだけで、中には求肥(ぎゅうひ)や餡が入っています。
「鮎」は初夏の季語です。6月の鮎漁の解禁日に合わせるようにして店頭に並ぶ、京都の夏の伝統的な和菓子です。
京都では、鮎は鱧(はも)と並んでご馳走です。そんな京都の川、賀茂川(鴨川)の鮎を表現して作られている和菓子です。

 

 

そもそも和菓子っていつから日本で食されているのでしょうか?… ちょっと調べてみました。

 

日本では元々「菓子」とは果物や木の実のことを指していました(だから菓子の「菓」の字には「果」が入っているのです。)
そんな日本に奈良~平安時代に中国から【唐菓子】が入ってきました。そして従来の果物に、穀類を原料にして加工し作られた唐菓子も含め菓子と呼ばれるようになったのです。

 

その頃の砂糖はまだ貴重で、実際に菓子に使われる甘味料は【甘葛(あまづら)】でした。その甘葛を使って作った和菓子が日本で最初の和菓子【椿餅】です。
そんな伝統和菓子のルーツ椿餅は今でも和菓子屋さんの店頭で目にすることができます。是非探してみてください!

 

 

和菓子 ~ 柏餅・粽(ちまき)

2011年5月27日 17:44

陽射しも暖かく、新緑が眩しくなってきました。
5月といえば、端午の節句にかかせない「柏餅」と「粽(ちまき)」です♪(端午の節句については、バックナンバー「和・四季」4月をご覧下さい。)
ゴワッとした葉をむくと姿を現す【赤ちゃんのほっぺ】のような”つるん”としたお餅。もちっと噛んだ瞬間にひろがる、さわやかな餡の甘さ….。お店で見かけると、たまらずに買ってしまうという方も多いのではないでしょうか?

 

そんな「柏餅」と「粽」は、なぜ端午の節句につきものなのでしょうか?

 

端午の節句は、他の多くの風習と同様に古くは中国から伝わってきたものです。「粽」はこの風習と一緒に伝わってきました。
大昔、陰謀によって川に身を投げた”屈原”という詩人を供養する為に人々が供物を投げていましたが、屈原に届く前に悪い龍に盗まれてしまいます。そこで、龍が苦手にしている楝樹(れんじゅ)の葉でもち米を包み、邪気を払う五色(赤・青・黄・白・黒)の糸で縛ってから川へ投げたところ、無事に屈原のもとへ届いたというわけです。このことから、粽は「難を避ける食べ物」とされ端午の節句に食されるようになったのです。
今では一色の糸で包まれていますが、この五色の糸は、子供が無事に育つようにと魔よけの意味を込めて鯉のぼりの吹流しの色に使われています。

 

 

一方「柏餅」は、江戸時代・東日本の文化の中で生まれました。
柏の葉は”譲り葉”といって、秋に葉が枯れても新芽が出ないと古い葉が落ちないことから「子孫繁栄」「家系が途切れない」に結びつき、この葉で包んだ柏餅は縁起のよいものとされました。それが、家系を守るべき男の子の節句である端午の節句に食べられるようになったというわけです。
なお、柏の木は西日本では自生していなかったので柏餅は関東で広がり、関西では今でも粽のほうが親しまれているようです。

 

余談ですが、柏の葉を外表に巻いているものと中表に巻いているがあります。これは中身の違いを表していて、小豆餡は外表・味噌餡は中表になっているらしいです。
さぁ、食べたくなってきてしまいましたか・・・?