和菓子 ~ 柚子菓子

2011年12月27日 17:28

12月の行事といえば、クリスマス!!という方も多いと思いますが、クリスマスの前には「冬至」があります。
冬至は1年で最も日が短く、夜が最も長くなる日です。今年の冬至は12月22日です。
昔は「死に一番近い日」と言われ、その厄を払う為に体を温め、無病息災を祈っていました。
「冬至かぼちゃを食べて、柚子湯に入る」みなさんもやったことがあるのではないでしょうか?

 

 

さて、冬至にまつわる和菓子といえば主に柚子を使ったものが上げられます。
柚子羊羹や柚子饅頭、柚子餅等々(かぼちゃの和菓子はあまりみられませんね。ハロウィンになってしまうからでしょうか?(笑))

柚子に含まれる芳香成分には新陳代謝を活発にし、血管を拡張させて血行が促進する作用があります。
また、鎮痛・殺菌作用もあるので、体が温まり、カゼ対策にもってこいといわれています。
さらには、柚子にも含まれるビタミンCは美肌効果もあるのです。まさに良いこと尽くしですね。

 

 

ちなみに、なぜ「柚子」かというと「融通が利きますように」と懐事情への願いもこめられているとか・・・。
そして「冬至」(とうじ)と「湯治」(とうじ)をかけて生まれたのが、柚子湯のようです。

冬至には柚子湯に、かぼちゃそして、柚子の和菓子を食べて、カゼをひかないように楽しい冬を過ごしましょう。