和菓子 ~ 桜餅

2011年4月27日 17:47

いよいよ23年度が始まりました。
今年度の”和文化コラム”のテーマは「和菓子」。
日本には、五感全てで楽しむことのできる素晴らしい独自の「和菓子」というものがあります。ここでそんな「食べる和文化」紹介していきたいと思います。お楽しみにしてください。

 

さて4月、桜がきれいだなぁ・・・と花を愛でながら「あ~桜餅食べたい!!」と思ったことのある方は、少なくないと思います。

 

 

「桜餅」・・・ 桜色のお餅に渋いグリーンの葉という美しい色合い。塩漬けの桜の葉のなんとも言えない香り。口に入れたときの食感…。老若男女を問わず人気の和菓子ですね。
ところであなたは【粒々派】?それとも【つるっと派】? このお餅の違いは何なのでしょう?

 

実はお餅の表面がつるっとしている方が関東風で粒々の方が関西風なのです。
元々桜餅とは、江戸は向島の”長命寺”が発祥の地です。
八代将軍吉宗は、江戸のあちこちに名所を作る為に桜をたくさん植えました。
その落ち葉の掃除に悩んだ”長命寺”の門番「山本新六」さんが、葉を塩漬けにして小麦粉を薄く焼いた生地であんこを挟んだ餅をくるんで茶店で出してみると、なんと大当たり!これが、桜餅の始まりとされています。その為、関東風の桜餅は別名「長命寺餅」ともよばれています。
ちなみに、この新六さんはその後「山本や」という桜餅屋を創業。このお店は今でも長命寺のすぐ近くにあります。

 

 

そんな桜餅が関西に渡るときにアレンジされてできたのが関西風桜餅です。
粒々に見えるのは、もち米を蒸してから乾燥させて荒く挽いた”道明寺粉”です。これは、大阪の尼寺”道明寺”で作られていたのが有名なのでこの名がついたそうです。この道明寺粉を使用したことから、上方風の桜餅は「道明寺餅」とも言われています。
桜餅というとこの粒々タイプを思い浮かべる人が多いようですが、実はこちらのほうが後輩なんですね。

 

好みは人それぞれですが、皆さんも遠い江戸の桜風景に思いをはせて食べ比べをしてみてはいかがですか?
でも、食べすぎは厳禁です!
桜葉の塩漬けの香り成分である”クマリン”は摂り過ぎると身体に良くないらしいので、ほどほどにしておきましょう(*´∀`)